【初挑戦】 ヒッチハイク で 仙台 から東京まで行ってきた

ヒッチハイク 仙台

6/9の土曜日、仙台→東京へ ヒッチハイク で行ってきました!

 

結論から言うと8台の車に乗せていただき、 10時間ほどかけて無事東京駅までたどり着くことができました

 

ヒッチハイクの旅を通して、ヒッチハイクをするメリットだったり、乗せてくれる人への感謝だったり、すごく感じるものがあったので今回紹介していきます。

 

・なぜ ヒッチハイク をしたか?

僕がヒッチハイクをした理由はこの2点のみで行いました!

 

・刺激が欲しかったから!

 

・ブログにしたら面白いんじゃないか?

 

多くの出会いがあり、どんなことがあるのか予測不可能なヒッチハイクはきっと刺激的な旅になるだろうと思ったのが理由の1つです。

 

実際にふつうの生活をしていては接点のない方々と出会うことができ、また土地勘のない街に下ろされたときは、もしかして帰れないのではないか?というドキドキスリルを味わえましたw

 

そしてブロガーとして、ヒッチハイクの旅が面白い企画になるのではということで今回ヒッチハイクをするに至りました。

 

ちなみに東京で何かするとか予定はありませんでしたww

・ヒッチハイクのメリット

 

ヒッチハイクをするメリットは主に3つあると思います。

1.お金が必要ない

2.営業力がつく

3.鋼のメンタルを手に入れられる

 

・ メリット1:お金が必要ない

ヒッチハイクは、通りがかりの自動車に乗せてもらうため、お金はかかりません。必要なものは、勇気!勇気こそが、自らの行動を駆り立て、ヒッチハイクをすることができます。勇気は無料なので、お金がなくても、いつでもどこでもヒッチハイクができます。

 

 

・ メリット2:営業力がつく

ヒッチハイクで重要となるのが直接交渉。はっきり言って直接交渉=営業です。

・始めのあいさつはどうするか?

・いかに不審に思われないよう自己開示するか?

・表情や立ち振る舞いはどうするか?

・ダブルバインドなどの心理学テクニックの使用

 

などなど、直接交渉で得られるスキルは営業での仕事に役立ちます。

 

また、車内に乗せてもらったあともコミュニケーションをしなければいけないため、会話スキルは各段に上がります。

 

・ メリット3:鋼のメンタルを手に入れられる

道路や、SA・PAでヒッチハイクをしているとジロジロと大勢の方から注目をあびます。また直接交渉では断られることの方が当たり前です。

 

ヒッチハイクに慣れていない人であれば、恥ずかしさだったり、断られるのが怖かったり、すごく抵抗があると思います。

 

しかし、ヒッチハイクを始めてしまえば、乗せてもらうことに必死になるため、注目されることに段々と気にしなくなっていきます。

 

また交渉で断られた後の立ち直りもはやくなり、そんなこんなでいつのまにか最強のメンタルを手に入れることができます。

 

・ ヒッチハイク 当日

 

・8:40 ヒッチハイク スタート

 

なんとなく車が止まりそうという理由で大町西公園のそばをスタート地点とし、東京方面と書いたスケッチブックを掲げました。 ※良い場所ではなかっためあんまりオススメしません(笑)

 

ヒッチハイク 仙台

ヒッチハイク 仙台

ヒッチハイクする前は周りの視線とか恥ずかしいかと思っていましたが、、、

 

以外に抵抗なかったですwwwww

 

 

ただ、金髪ギャル2人からジロジロ見られたときは流石に恥ずかしかったです。

 

・9:00  1台目:大町西公園そば交差点→宮城IC前

そんなこんなで10分ほど掲げていると一台の車がすぐそばのローソンに止まり、中から出てきたおじさんに

 

おじさん「そんなところじゃ人こないよ。車が捕まりやすい宮城ICまで乗せてくよ。」

 

と言っていただきました。

 

「うお!まじで乗せてくれる人いるんだ!!」

 

と、テンション爆上がり。

 

おじさんに対してありがとうございますを連呼しました。

 

このおじさんは普段からヒッチハイクの人を見つけると乗せているとのこと。

 

Dr.さかもん
なんて優しいんだ。

 

 

そして宮城ICまで乗せていただきました。

 

 

・9:40 2台目:宮城IC→福島県矢吹町

 

というわけで宮城ICでヒッチハイク再開。

 

ヒッチハイク 仙台

東京方面と書かれたスケッチブックをかかげ、超絶スマイルでアピールしまくります!

 

なんだかんだ40分間かかり一台の車が止まり、乗せていただくことができました。

 

乗せていただいたのは54歳のおじさん。仕事の単身赴任で福島から仙台に住んでいる方でした。

 

車の中では

・僕の大学の話

・働くことについて

・福島のこと

・お金と女性のこと

などを話しました。

 

このおじさんは東日本大震災直後、ヒッチハイクをしていた大学生を乗せてあげれなかったことがずっと心残りだったたため今回僕のことを乗せたそうです。

 

この話を聞いて後悔しない生き方ってめちゃめちゃ大事だなと改めて再確認しました。

 

おじさんの目的地に近づき、ここなら車が捕まりやすいのではないかということで福島県の矢吹町というところで下ろしていただき、最大限の感謝をこめてお別れしました。

 

※高速道路から降ろしてもらったのは間違いでした。下道は全然ひとが捕まらないのでSA・PAで降ろしてもらうべきでしたね。

・11:00 3台目:福島県矢吹町→福島県白河町

 

70歳ぐらいのおばあちゃんが乗せてくれました~。

 

矢吹町から15分ほどにある白河町で降ろしてもらいました。

 

・14:00 4台目:福島県白河→栃木県那須ガーデンアウトレット

 

国道4号線沿いでスケッチブックを掲げていましたが、全く人が捕まらず。。。

 

ヒッチハイク 仙台

 

1時間以上ねばって、スケッチブックの文字を東京から那須に変えてみたところ5分後に19歳の男の子二人組が乗せてくれることに!!

 

わざわざUターンして止まってくれました!

 

車内では放送禁止用語のオンパレードwwww那須の少子化は心配ないなと安心しました(*’▽’)

 

ヒッチハイク 仙台

☝乗せてくれた2人と記念写真

 

那須ガーデンアウトレットで下ろしてもらいお別れ。

 

Dr.さかもん
2人ともありがとう

 

・15:00 5台目:那須ガーデンアウトレット→栃木県大谷SA

 

アウトレット内でスケッチボードを掲げていたところ、警備員から「ここでやるな!」とおしかりを受けてしまいました。

 

しぶしぶ、駐車場から出ようとするときにトラックの運転手がいたため、交渉すると乗せて頂くことに!

 

ヒッチハイク 仙台

 

栃木県大谷SAまで送っていただきました。

 

・15:45 6台目:栃木県大谷SA→栃木県佐野SA

スケッチボードを掲げて15分ほどたった時に「良かったら乗りませんか。」と声をかけていただき、男性二人組の方に乗せて頂くことに!

 

ヒッチハイク 仙台

暑いからと、アイスをおごっていただきましたが。。。

 

あとから年齢を聞くと19歳だという。。。

 

 

年下におごられてしまいました。。。汗

 

・17:00 7台目:栃木県佐野SA→埼玉県蓮田SA

ヒッチハイク 仙台

佐野SAに到着し、ヒッチハイクしましたが、1時間たっても車が止まってくれず。。。

 

直接交渉もしましたが、断られたため1回であきらめてしまいました。

 

Dr.さかもん
ガラスメンタルかよ!!

 

ヒッチハイク 仙台

スケッチブックに東京と書いていることがダメなのではと思い大宮と書いたところ、すぐに20代の夫婦が埼玉県の蓮田SAまで乗せてくれることに!

 

車はアニメの痛車で超ファンキーでした。

 

車内で励ましの言葉をもらったときは、感動して泣きそうになりましたね😿

ヒッチハイク 仙台

☝アクエリアスまでご馳走になり、感謝しかありません。

 

・18:15 8台目:埼玉県蓮田SA→東京駅

 

蓮田SAについた時点で18:00

 

東京と書いたスケッチブックを掲げて15分ほどたった時、東京の自宅に帰る途中の30代のご夫婦が声をかけてくださり、相乗りさせていただくことに!!!

 

車内での会話はとても明るく楽しく、疲れもほとんど吹き飛びました!

 

自宅から離れていたにも関わらず東京駅に送っていただきました。

 

ありがとうございました!!

 

・19:00 東京駅到着

 

下道におりてしまったり、なかなか人が捕まらなかったりでかなりの東京駅についたときには肉体的にも精神的にもかなりの疲労感

 

そのぶん、やっと東京駅についた時の達成感は大きく、言葉には表すことができませんでした。感無量です!!

 

最後に、近くにいるかたにお願いして記念写真を撮ってもらったのですが、、、

 

 

ヒッチハイク 仙台

 

 

いや、めっちゃぶれぶれwwwwwww

表情分からないwwwww

 

なんていい感じにオチをつけることができて、ヒッチハイク終了です!

 

次の日バイトだったので、東京駅でご飯を食べ、滞在2時間で新幹線で仙台まで帰りましたww

 

・終わりに:乗せてくれる人がいてこそのヒッチハイク

 

このヒッチハイクの旅を通して得たことは、精神的な強さとか、会話スキルとか、それ以上に善意だけで乗せてくれる人がいると気づけたことです!

 

見返りを求めないやさしさを実感することができ、感謝の気持ちを持つことが大切だと再認識しました。

 

と同時に、僕もgive&giveの精神で人にやさしさを分け与えられるような、余裕のある人間になろうと思います!

 

ヒッチハイクはすごく楽しいし、多くのことを気づけるので、興味のある方はぜひしてみてください!!

 

おわり👋