ピロリ菌 を防げば胃がんを防げる?ピロリ菌について

日本人の死因 第1位 がなんなのかご存知ですか?

 

 

そう がん です。

 

 

超高齢化社会になり、今や2人に1人ががんになるといわれています。

 

 

そしてがんの中でも最も多く罹患しているのが

 

 

胃がん

 

 

実はこの胃がん、近年の研究により発症原因は99パーセントがピロリ菌が原因であると証明されました。

 

 

そのため、ピロリ菌の感染を防ぐことが胃がん発生の予防になるのです。

 

 

では今回その胃がんの原因になるピロリ菌とは何ぞや?について紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

ピロリ菌 とは?

 

 

ピロリ菌は胃の粘膜に住みつく先端から毛が生えている細菌です。

 

 

ピロリ菌 画像

▲ピロリ菌の画像

 

 

胃は強い酸(胃酸)が分泌されていて、そのおかげで食べ物を消化するとともに大抵の菌は死滅し、感染などから守られています。

 

 

 

しかし、このピロリ菌はそんな過酷な環境(胃酸)にも耐えてしまい、胃の中で暴れまわってしまうのです。

 

 

ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を出し、胃の中の尿素をアンモニアに分解します。

 

 

アンモニアはアルカリ性のため強酸と中和されてピロリ菌は生き延びてしまうのです。

 

 

ピロリ菌 に感染すると発症する病気

 

ピロリ菌により作られたアンモニアなどにより、胃の粘膜が傷つけられ、さまざまな病気を引き起こします。

 

・慢性胃炎

・胃潰瘍

・十二指腸潰瘍

・胃がん

 

ピロリ菌 の感染経路と予防法

 

実はどういう経路で感染するかは詳しくわかっていないのですが菌が口から感染することは明らかになっているそうです。

 

口から入る経路として

 

・口から口の感染

・糞から口の感染

・水道水からの感染

があります。

 

 

 

え、じゃあキスしたり、水道水を飲んだら感染しちゃうの?

 

と、みなさん思われるでしょう。

 

 

 

大人に関しては、胃の酸性が強く、口から入ってもピロリ菌は大抵死んでしまいます。

 

 

 

安心してください。キスはしても大丈夫ですww

 

 

 

しかしながら、ピロリ菌はほとんど幼児期に感染すると言われています。

 

小さな子供は胃の酸性が弱く、ピロリ菌が生きやすい環境であるため、感染した母から食べ物の口移しなどで感染してしまいます。

 

 

水道水や下水道は近年の整備がしっかりされているため、水道水からのピロリ菌の感染はないと考えられます。

 

 

 

詳しい予防法は判明していないものの、近年の環境整備は進んでいるため、親から子への口移し以外、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

ピロリ菌 検査はどうするの?

 

病院ではピロリ菌の検査法には内視鏡を使う方法もしくは内視鏡を使わない方法のどちらかがあります。

 

内視鏡を使わない場合

 

・抗体測定

-血液や尿からピロリ菌の有無を調べます。

・尿素呼気試験

-吐き出された呼気からピロリ菌の有無を調べます。

・便中抗原測定

-便を採取してピロリ菌の有無を調べます。

 

この三つが挙げられます。

 

 

いずれも病院で簡単に調べることができるのですが、自宅でもっと簡単に調べることもできます。

 

それは堀江貴文さんが書いたピロリ菌検査キット付き書籍「ピロリ菌やばい」です。

 

 

本屋に売っているので簡単に調べることができます。

 

実際に検査してみた記事はコチラ

 

検査後、もしピロリ菌の感染が疑われたら「抗菌薬」と「胃酸の分泌を抑える薬」をつかい、除菌するという流れになります。

 

まとめ

 

胃がんの原因の98パーセントがピロリ菌によります。

 

検診を行い、早めに予防・対策することをオススメします!

 

以上ピロリ菌についてでした!